最近の人気記事
    2014年07月11日

    ロックコンサート、頭ふりすぎ脳内出血

    怖いニュースを
    2つ見つけました。・(つд`。)・。


    ヘビーメタル音楽のファンが、
    英バンドのモーターヘッド(Motorhead)のコンサートで
    激しく頭を上下に振る「ヘッドバンギング」をした1か月後、
    脳出血していたことが発覚しました。
    ドイツの医師らが4日、英医学専門誌ランセットに発表。

    ヘッドバンギングはそれほど害のない動きにみられることが多いが、
    50代の男性ファンは2013年1月のライブ後、
    徐々に悪化する頭痛に悩まされることになった。

    治療に当たったハノーバー医科大学の神経外科医らは、
    男性の右脳に「慢性硬膜下血腫」と呼ばれる
    脳の外膜と脳の間にできる血腫を発見した。

    1970年代のヘビーメタルの全盛期に生まれたヘッドバンギングは、
    むち打ち症や頸椎損傷などとしばしば結び付けられてきた。
    だがハノーバーの医師らは
    ヘッドバンギングの危険性はより大きいと指摘する。

    医師らは多数の科学論文を調べ、ヘッドバンギングによる
    硬膜下血腫の事例を他に3例発見した。
    うち1例は突然死の事例だった。

    「硬膜下血腫の報告事例は少ない。だがこの疾患は、
    自然と治まる中度の頭痛を起こす程度だったり、
    症状を示さなかったりすることが多いので、
    症例は実際にはさらに多い可能性がある」と、医師は指摘した。
    yahooニュースより



    コンサートでダイブした男性が死亡、スイス

    スイスで行われたヘビーメタルのコンサートで、
    ステージからダイブしたものの
    観客にしっかりと受け止めてもらえなかった男性(28)が、
    2日後に死亡しました。

    地元紙ゾロトゥルン・ツァイトゥングによると、
    事故があったのはスイス北部ゾロトゥルンで
    22日に行われたメタルの音楽フェス。

    男性はステージから観客に向かってダイブしたが、
    「不運にも、男性は観客にきちんと受け止められず、地面に落下した」と
    コンサート会場の運営者は同紙に語った。

    男性は落下した後、すぐに立ち上がり手洗いに向かったため、
    大きな事故とはみられなかったが、
    警備員は念のため男性を病院に連れて行ったという。

    警察当局に事故の報告があったのは翌日。
    男性の症状が悪化し、首都の病院に運び込まれた後だった。
    報道によると、男性は24日に死亡した。

    警察当局は捜査を開始したと発表したが、
    男性の死亡は事故だったとみていると付け加えた。
    AFP時事より

    *これは、観客側の人も
    ステージ側の人も、共に気を付けないとダメですよねぇ?
    何でもほどほどにって事でしょうか?
    と言うか、ダイブはみんなで支えないと本当に危険なんですね><。

    楽しいLIVE LIFEを送るためにも
    色んな事、気を付けましょうねー!












    来て良かったと思われましたらお願いします^^

    にほんブログ村 音楽ブログへ



    posted by miumiu☆彡 at 13:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 話題のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    VAMPS☆ダウンロードfes 関連、まだまだ続きます♪(*'ω'*)

    改めて考えたら、あれから…
    もう1ヶ月経つんですね〜
    忘れた頃にやってくる情報も、刺激的☆(人´∀`).☆.。.:*・゚
    HYDE様、イカしてる♪٩(๑>∀<๑)۶

    AZNpopcultureより
    VAMPS

    VAMPS, Live at Download Festival 2014
    今年のダウンロード・フェスティバルは
    見たHYDEと彼のバンドVAMPSがペプシマックスのステージに連れて行く。

    私は私が知っていたものの、
    VAMPSの音楽のどれかを聞いたことがなかった、
    と彼は〜Cielの途中バンドラルク〜にいたときにHYDEから前の材料を聞いていたし、
    また彼の最近の HALLOWEEN JUNKYオーケストラ プロジェクト。

    私が作った私はVAMPSについて良いことを聞いたように、
    非常に初期の彼らの今後のセットを見越してペプシマックス10トンに行く途中、。
    10トンはすぐにいっぱいに、バンドや技術者の中には、
    チェックを音にステージにかかった。

    何らかの理由で、これは通常よりも長くかかったし、
    バンドが点灯するようにスケジュールされた後にHYDE、
    しばらくするまで現れませんでした。

    それらは唯一の実行にある程度の時間を有していたように、
    残念ながら、このため、それらのセットは、短縮された。
    しかし彼らは曲を何度も実行する手に入れた。それだけ。

    限り、期待通りには続かなかった私は本当に期待するかわからなかったが、
    パフォーマンスの後に、私は音楽がたくさん重くなるように期待していたが実現。
    その代わりに、私の意見では、非常に明るい、ほとんどのポップだった。
    私の音楽の種類が、私はまだそれを公平なビットを楽しんだし、
    いくつかの点でいくつかの女性の下着がHYDEで投げてしまったではない通常。

    私は彼はおそらくそれを嗅ぎ、
    近くに彼の顔にそれらを保持して覚えているようだ?
    私は実際にはかなりよく分からない。
    後で誰かがまた、彼はギターを弾いとして
    HYDEが彼の口の中で開催されたステージ上のブラジャーを、投げた。
    すべてのすべてで、私はショーを楽しんだ。

    彼らは彼のどくろ旗を振って、
    HYDEがステージの周りのすべての移動で、
    エネルギーと熱意をもって行った。
    私は私がずっと暗い音と映像を期待していたように、
    実際にはかなり驚きましたが、
    それVAMPSに再生され、短いため、私は非常に楽しまれましたね。
    チェックアウトする価値!
    ※excite翻訳機能より

    *不思議な日本語ですが、
    翻訳機能そのまま載せました(^^ゞ笑





    それから、今更ながらの
    新宿・ユニカビジョン映像☆


    *有難うございます♪

    posted by miumiu☆彡 at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | †VAMPS☆セトリ・LIVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


    ▼闇に光をあてるTweet☆
    昨日の人気記事