最近の人気記事
    2015年03月27日

    VAMPS☆5/30・31 たまアリ公演 最終チケット先行受付のご案内


    チケット一般発売前の最後のチケット先行受付です!

    ローソンチケット プレリクエスト(抽選)
    [先行期間]
    3月28日(土) 13:00〜 3月31日(火) 23:59
    [受付URL]>> http://l-tike.com/

    チケットぴあ 2次プレリザーブ(抽選)
    [先行期間]
    4月1日(水) 〜 4月3日(金)
    [受付URL]>> http://pia.jp/t/vamps/

    4月〜5月の海外公演を終えて、
    からの日本でのLIVE!!
    これはファンでなくても、
    ロックが好きな人には観てもらいたいですよね♪^^



    CM!?Σ(゚Д゚)
    やっぱり巻頭だけかなぁ(;´Д`)
    みたい、、、



    VAMPS 「Bloodsuckers」 オフィシャル・バンド・スコア





    今日も遊びに来て下さって有難うございます☆
    来て良かったと思われましたらお願いします(^^ゞ

    にほんブログ村 音楽ブログへ




    Interview with VAMPS - JaME U.S.A.☆


    ※excite翻訳機能より

    あなたはSixxを支持して旅行する:来月。
    この機会はどのように発生したか?


    HYDE:私はそれらのバンドの真実のファンである。
    従って、私は、彼らが、どれほど私達がそれらを愛しているかを知っていると思う。

    あなたの考えは5月1日のあなたの近く発表されるNYCショーで何であるか?

    HYDE:これは、米国 このツアー の私達の唯一のヘッドラインショーである。
    従って、私は、VAMPSのすべての種々の面を示すことを楽しみにしている。

    K.A.Z:私達がそこにいて以来、それは間である。
    私達は前回大きい反応を得た。私達も新しいアルバムを国際的にリリースしている。
    従って、私は、私達が大きいライブ番組を持つことを望んでいる。

    私達はどんな種類の歌をBLOODSUCKERSに見つけることができるか?
    機能するほとんどの楽しみは、どのものでライブであるか?


    K.A.Z:すべての歌はユニークである。従って、私は、誰もが、
    接続するべき何かを見つけることができると思う。
    それらはVAMPSのすべての種々の表現である。
    従って、私は、すべての歌を演奏するのを楽しむ。
    特にZERO-私は前にこの歌のような何でも一度も感じたことがない。

    HYDE:私は、誰もが歌とともにBLOODSUCKERSから歌うのを見たい。
    あなたは、私達とともにアメリカの人々が歌うことができると思うか?

    BLOODSUCKERSのためのCDジャケットアートは本当に涼しい。
    誰がそれをデザインしたか?あなたはそれについて何が好きであるか?


    HYDE:Rockin'ゼリービーン−−私は彼を愛している!
    ジャケットイメージはVAMPSの暗く、神秘的な感覚に完全に適合している。

    K.A.Z:Rockin'ゼリービーンの女性の図面は非常に魅力的である。
    私はちょうど今私の部屋のディスプレイにおいてこのイメージを得た。

    あなたは、GET AWAYを「ブレード・ランナー。」という
    映画と同じスタイルの歌と称した。映画はいくらかの他のVAMPS歌を引き起こしたか?


    HYDE:私のために、それはこれまでに唯一のものである。

    K.A.Z:それは、映画により直接引き起こされた何かではなく、
    私 催される である イメージ 何か 悪 あなたに接近する 、
    あなたを中に満たす深い恐怖 −−それは、私がこの歌に入れるものである。

    ポップ・カルチャーに知られている多くのポピュラーな吸血鬼がいる。
    例えば、私達は、ドラキュラ、Lestat、およびエドワードカレンを持っている。
    どのものがあなたのお気に入りであるか?


    HYDE:Lestat。

    VAMPARK FESTは、もたらしている日本および
    外国のアーティストで一緒に非常に成功していた。
    あなたの考えは、何で、この種類のイベントのより多くを保持することにあるか?


    HYDE:日本は世界の2番目に大きい音楽市場である。
    私は、世界に、通る通路をし、より多くの国際的なアーティストを招待したい。

    K.A.Z:私は、私達がこのフェスティバルを通じて音楽を伝達するべきで、交換すると思う。
    それは、他の国からすばらしいバンドと接続する私達の両方のためのチャンスである。

    VAMPSの次のゴールはツアーについて何であるか?
    何かの場所があるか、またはあなたがすでにあなたの
    スケジュールにない遊びに欲しいフェスティバルであるか?


    HYDE:次のツアーのために、私達のゴールは、
    このものよりいっそう高いレベルに達することである。

    K.A.Z:私は多くの国からの人々にVAMPSを知っていてほしい。
    私達はその上、より多くのフェスティバルで働きたい。

    どうぞ、メッセージを私達の読者に残してください。

    HYDE:最後に、私達は米国の私達のアルバムBLOODSUCKERSをリリースした。
    私は、あなたのために機能することを待つことができない。

    K.A.Z:私は、ファンが、私達の音楽を、
    まだVAMPSが触れていなかったそれらの人々と共有してほしい。
    私達は、世界、および自身に挑むことの多くの国を訪問することを楽しみにしている。
    どうぞ、私達をサポートしてください。

    JaMEは、これインタビューを可能にすることをVAMPSとRESONANCEメディアに感謝したい。

    VAMPSはお買い得品劇場の5月1日のニューヨーク市のライブで機能する。
    切符はAXS.comで現在販売中である。






    タグ:HYDE Vamps 雑誌
    posted by miumiu☆彡 at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | †TV・ラジオ・雑誌 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    VAMPS 単独インタビュー 5月のNYライブについて☆


    5月1日、NYライブ
    新しい国をどんどん開拓して僕たちの音楽を広めたい(HYDE)
    作った曲は国も人種も関係なくみんなで聴いてもらいたい(K.A.Z)



    5月1日のニューヨークライブは2013年の12月以来、
    1年半ぶりになります。お気持ちはいかがでしょう。

    HYDE そうですね…。
    新しいアルバムも出たし、今のVAMPSはあの時よりさらに魅力が増してると思うんで、
    それをね、ニューヨークで披露できるのはすごくうれしく思っています。

    K.A.Z 前回もすごく盛り上がったんで。
    今回はあの時以上にさらに盛り上がって、うん、いいライブにしたいですね。

    しかも今回はタイムズスクエアのど真ん中にあるBEST BUY THEATER。
    前回と比べて会場もメジャーですが…。


    HYDE ちゃんとお客さん、来てくれるといいんですけどね。(笑)

    (笑)。満員になると…思います。

    HYDE ほんと? じゃあ、頑張りたいと思います。(笑)

    K.A.Z そこはうれしいことですよね。
    待ってくれている人もいっぱいいると思うので、楽しみにしてます。

    ニューヨークライブの他に4月下旬から5月中旬にかけてアメリカで三つのロックフェスに出演も決まっています。米国の音楽シーンに本格的に進出することになったわけですが…。

    HYDE あの〜、VAMPSに興味ない人たちにも、
    観てもらえるチャンスだと思うので、その人たちにも爪痕を残したいですね。

    K.A.Z 昔から聴いていたアメリカのいろんなバンドと同じように、
    (自分たちが)世界を回って、こういうフェスやイベントに出演できるのは、
    やっぱり、こう、夢に一歩ずつ近づいている実感を持てますね。

    特に日本やアジアの文化、音楽を紹介するイベントなら珍しくありませんが、今回のフェスは現地のアメリカのロックミュージシャンたちが多数参加するわけで、日本の方が思っているよりすごいことですよね。特にお客さんの大半がアメリカ人の場合のライブで意識されることはありますか。

    HYDE んー。やっぱアメリカ人の方が、表現が上手だし、
    ノリ方も自由な感じがしますね。日本人は逆に統制が取れているというか、そういう感じはします。

    K.A.Z 開演前って日本は静かなんですけど、
    アメリカは……うるさい(笑)。騒いでますね。

    積極的に世界進出されていく意図は何でしょう。

    HYDE う〜ん…やっぱりロックの人口って
    一つの国に対してそんな大きな物じゃないと思うから。
    かといって今からロックを聴く人を増やしていくってことは難しいんで(笑)。
    やっぱり新しい国をどんどん開拓していく方が、
    僕たちの音楽を広めるには効率がいいかな、と。
    アメリカの人が日本に来てやっていることを、僕たちがアメリカでやるってことですよね。

    K.A.Z やっぱり作った曲を広めたいっていうのが一番の目的だから。
    そこには国も人種も関係なくて、みんなで聴いてもらいたい。それが一番の目的ですね。

    ニューヨークに来られた際の楽しみはありますか。

    HYDE ない。(即答)

    一同 (笑)
    前回も、前々回のインタビューでも、
    そう言われました(笑)ので、あえて聞いてみました。(笑)


    HYDE そうだなー……ジョギングでもしようかな。(笑)

    例えば、食べ物とか…。

    K.A.Z なんだっけ! あのパン…。

    プレッツェル?

    HYDE ベーグル?

    K.A.Z そう! ベー↑グル。

    べー↓グルですね。

    K.A.Z あぁ、ベー↓グル。(笑)

    あ…イントネーションはどっちでも(笑)。
    それでは最後に在米の日本人に向けてそれぞれ一言お願いします。


    HYDE はい。そうっすね、今VAMPSは日本でもライブは続いて、
    すごくエンジンがかかってる状態なんで、
    かなりいいライブを見せられると思うので。
    うん、ぜひいらっしゃってください。

    K.A.Z やっぱりVAMPSの曲は
    ライブで直接体験してもらいたいんで、ぜひ、遊びに来てください。

    日本語ですので、
    バッチシ読めますね♪( *´艸`)笑









    posted by miumiu☆彡 at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | †TV・ラジオ・雑誌 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    [独占] JpopAsiaインタビューVAMPS☆


    ※Google翻訳昨日使ってますので
    日本がちょっと変ですがお許しを(^^ゞ
    ぜひ原文を読みにどうぞ^^笑

    - JPA:VAMPSは、定期的に国際的な規模でツアー少数の日本の行為の一つです。
    あなたは、国際的な聴衆に日本のロックを表現するための任意の圧力を感じますか、
    またはあなただけの自分自身を表現するに焦点を当てていますか?


    HYDE:私は、ラルク・アン・シエルとの
    マディソン・スクエア・ガーデンで行われたとき、
    私は日本を代表する圧力を感じた。
    しかし、私はVAMPSとしての圧力を感じていません。

    KAZ:私は圧力を持っていたことがありません。
    私はちょうど自分自身を楽しみ、
    私たちの歌と私たちの情熱をお届けしたい。

    - JPA:あなたはあなたのファンの前で演奏ステージに上がっているとき
    あなたが感じる方法を説明することはできますか?


    HYDE:それは私が最も生きている感じる場所です

    KAZ:ステージは楽しい場所である、
    と私はいつも私たちの観客が楽しむことができる
    最高のパフォーマンスを行う方法について考えています。

    - JPA:VAMPSは外のツアーに起こっている日本と同様に
    国際的に「ブラッドサッカー」をリリース。
    あなたがより多くの国際的なバンドになるために直面してきた課題のいくつかは何ですか?


    HYDE:最新の課題は、我々はこのアルバムをリリースし、
    同時にツアーを始めたということです。
    それは我々が以前にこの方法をやったことがない新たな挑戦だ。

    KAZ:私たちの主な課題は、VAMPSを知らない人に私たちの音楽を提供することです。

    - JPA:日本では、よく認識された有名人だが、
    海外では、一般の間で、同じ認識を持っていない公共。
    どのようにそれが海外のお時間に影響しますか?
    あなたが匿名性を楽しんだり、あなたがあなた
    のプロフィールを増やす必要があるように感じるのですか?


    HYDE:私はお気軽にと言って、ほとんど恥ずかしい。(笑)

    KAZ:私は本当にどこにも名声を気にしないでください。
    私はすべての時間リラックスして自由なんだ(笑)。

    - JPA:あなたの最新アルバム「ブラッドサッカー」を
    一緒に入れている間あなたの目標は何でしたか?


    HYDE:エベレストの頂上にすべての方法を登る。

    KAZ:慎重にと情熱を持ってそれぞれの曲を作成するには
    そして、国際的にアルバムをリリースする。

    - JPA:あなたの最新アルバムを説明するとき、
    あなたは"これは我々がこれまで行ってきた最高の作品です」述べました。
    あなたは「ブラッドサッカー"あなたの最高の仕事を考える理由を拡張することはできますか?


    HYDE:私たちは、彼らがアルバムを置くためにちょうど良い曲だかどうか、
    個々の曲について考えていただけでなく。
    我々は、これらの曲はVAMPSが今何の最善を表示する方法を考えました。

    KAZ:私たちは、記録時に、より良い取得する方法を私たちの経験から学び、
    私たちの歌を作曲しました。このアルバムは、これらの経験の結果である。

    - JPA:あなたの最新アルバムは、特にあなたの初期の作品に比べて、
    歌詞のほとんどの英語を使用しています。意図的な言語でシフトし、
    そうであれば、あなたはそれを促したのかを説明できますか?


    HYDE:私は英語で多くの曲を書く。
    しかし、はい、これらは、国際的なリリースのために特別だった。

    - JPA:あなたがほとんどに関係しないあなたの最新アルバムからの曲?

    HYDE:それらのすべては、もちろん。

    KAZ:ZERO。

    - JPA:2つの人気バンドのメンバーとして、
    〜CielのEN VAMPSとL`Arc〜、どのように同時に両方であることの要求のバランスを取るのですか?

    KAZ:私はまだ定期的にOBLIVION DUSTなどの
    ライブショーをやるので、それはバランスだ、私は思います。

    HYDE:私はラルク・アン・シエルで物事を行うと、
    タイトなスケジュールがありますが、
    私は行く得れば、私は停止することが好きではありません。
    VAMPSで、私は行き続けることを得る。

    - JPA:すべてのあなたのファンに最後のメッセージをお願いします!

    KAZ:私たちは、VAMPS」の音を広めるためにロッキングしておこう。
    私はみんなのサポートとパワーを歓迎し、我々は自分自身に挑戦し続けます。

    HYDE:最後に、私たちは吸血をリリースし、再び米国で行う。
    私はまだそれは非常にエキサイティングだ、
    夢を見ているような気が。VAMPSの興奮を是非ご覧下さい。






    posted by miumiu☆彡 at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | †TV・ラジオ・雑誌 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


    ▼闇に光をあてるTweet☆
    昨日の人気記事