最近の人気記事
    2016年02月06日

    Hydeさんのお花☆part2★

    Hydeさんのお花、より一層良く見えます(♡˙︶˙♡)






    タグ:HYDE 画像
    posted by miumiu☆彡 at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | †HYDE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    2016年02月05日

    Hydeさんのお花☆((*∂∀6))ノシ















    タグ:HYDE 画像
    posted by miumiu☆彡 at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | †HYDE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    X JAPANの映画「WE ARE X」世界的なW快挙☆&心配なPATAさん

    #Sundance 2016 #WeAreX!

    Yoshikiさん(@yoshikiofficial)が投稿した動画 -




    X JAPAN映画がサンダンス映画祭で最優秀編集賞

    X JAPANのドキュメンタリー映画「We Are X」が
    「第31回サンダンス映画祭」にてワールドシネマドキュメンタリー部門
    (World Cinema Documentary Competition)の最優秀編集賞を受賞。

    「サンダンス映画祭」は、
    アメリカ・ユタ州のパークシティで
    1月21日(現地時間)より開催中。

    今回の受賞について、現地に赴いたYOSHIKIは
    「悲劇に満ちた扉を開けるのは辛かった。
    だけどHIDEとTAIJIを含めたX JAPANの物語がこうして作品になることで、
    また新たな道が開けるように思えてきた。
    製作スタッフや関係者のみなさん、
    そしてファンのみなさんに感謝しています」とコメント。

    「We are X」はX JAPANの軌跡を追った作品で、
    彼らが日本のロックシーンに与えた影響、
    メンバーの逝去、YOSHIKIの人物像がフィーチャーされています。


    X JAPANの映画「WE ARE X」、米SXSWフェスティバルの映画部門にノミネート決定

    ロサンゼルス現地時間2016年2月3日(以下同現地時間)、
    2016年米サウス・バイ・サウスウェストフェスティバル
    (以下SXSW)映画祭の各部門候補作品が発表され、
    X JAPANのドキュメンタリー映画『We Are X』が
    24ビーツ・パー・セカンド(24 Bests Per Second)にノミネートされたことが発表。

    この部門は、ドキュメンタリースタイルを軸に置いた、
    特定の音楽ジャンルやミュージシャンの
    サウンド・文化・影響力をショーケースする作品を対象。

    SXSWとは、1987年に音楽からスタートし、94年には世界に先駆けて映画、インターネットとデジタルのコミュティを取り込み、今では世界各国から業界屈指のアーティスト・関係者が集結する世界最大のクリエイティブ・ビジネス・フェスティバルへと成長。その規模は年々拡大し続けており、今日来場者は10日間でのべ10万人、約380億円の経済効果をもたらしている。

    We Are X』は1月23日に米サンダンス映画祭でプレミアされ、
    数日前に同映画祭の最優秀編集賞を受賞したばかり。

    米サンダンス映画祭米SXSWフェスティバル
    ノミネートされたドキュメンタリー映画は
    『We Are X』のみという世界的なW快挙なだけに、
    X JAPANは日本人アーティストとして
    今後世界的に名前を轟かせると期待されている。


    1月22日にはX JAPANのリーダーYOSHIKIが
    サンダンス映画祭史上初となる
    オフィシャルオープニングイベントにてピアノ演奏を披露、
    世界中の業界人・メディアが注目するパフォーマンスし、
    スタンディングオベーションになるなど大絶賛の嵐を受けた。

    また、同映画祭で
    「一番多くツイートされたドキュメンタリー」として話題をさらった。

    さらに2月3日発売のロサンゼルス・タイムスでは
    『We Are X』を大々的にフィーチャー、
    今後さらに「西と東の壁を破っていくだろう」とX JAPANに期待を寄せている。


    X JAPAN、凄いですね☆((*∂∀6))ノシ
    X JAPANとともに、VAMPSも
    西と東の壁を破っていってほしいですね☆(>人<)



    X JAPAN、一時活動休止 PATAが緊急入院で英国公演は延期
    引用元

    X JAPANが、ギターのPATAが緊急入院したこと明かし、
    今後の活動の一時休止、
    今年3月12日に予定していた
    英国・ウェンブリー・アリーナ公演は
    来年に延期することを3日、発表。

    所属事務所によると、
    PATAは1月15日から都内の病院に緊急入院。
    ICU(集中治療室)で治療を受けていたが深刻な状況を脱し現在は小康状態。
    大腸憩室炎及び門脈血栓症と診断され、点滴で栄養補給を行っている。

    ウェンブリー・アリーナ公演は
    来年3月4日を振替公演とし、
    3月11日に発売を予定していた新アルバムに関しては
    状況を見ながら検討する予定としている。

    リーダーのYOSHIKIは
    「悲しい気持ちで心がいっぱいです。
    言葉では表せないほど、
    ファンの皆様を悲しませてしまって本当に申し訳ないと思っています。
    ”SHOW MUST GO ON“(ショーは続けなければならない)
    といつも口にしていますが、今はPATAの容態を見守ることしかできません」と心境を吐露。

    「これ以上X JAPANに悲劇が起きないことを祈るばかりです。
    ファンのみなさんなくしてX JAPANはありません。
    今まで以上になく強くなって復活することを約束します」とファンに呼びかけた。

    ■そのほかのメンバーコメント
    ToshI(ヴォーカル)
    「ファンの皆様には、ご心配、ご迷惑をおかけしてしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます。今後もXJAPANとして再びPATAと一緒に音楽活動ができることを楽しみにしております」

    HEATH (ベース)
    「ウェンブリー公演、ニューアルバムが延期となりましたことを、心よりお詫び申し上げます。完璧な状態でのX JAPANをファンの皆様にお届けする為にお時間を頂くこととなりました。完全復帰の際には最高のサウンドを奏で、最高なステージを繰り広げてまいりますので、今後の活動にご期待下さい」

    SUGIZO(ヴァイオリン・ギター)
    「PATAさんのいないX JAPANはありえない。俺は待ち続けます」

    世界的なW快挙を知った後だけに 
    びっくりしましたね><。
    PATAさんの病状が良くなって
    再びのご活躍を心よりお待ちしております(>人<)






    タグ:エンタメ
    posted by miumiu☆彡 at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    トミーちゃん☆

    🎤

    Tommy,Tomoko Kawaseさん(@tommytomokokawase)が投稿した動画 -



    歌うたってて
    かわいかったから
    なんとなくUP☆( *´艸`)






    posted by miumiu☆彡 at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    2016年02月03日

    面白いね☆( *´艸`)



    みんな良く考えるね♪( *´艸`)

    節分(せつぶん/せちぶん)は、
    雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。
    節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。
    江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。
    この場合、節切月日の大晦日にあたる。
    ウイキペディアより

    節分って年に4回あるんだけど、
    なぜか立春の時しか騒がないですね^^
    不思議〜☆笑






    タグ:HYDE 画像 動画
    posted by miumiu☆彡 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | †HYDE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2/5発売★オリ☆スタ2016年2/15号に VAMPS((*∂∀6))ノシ


    2/5発売☆オリ☆スタ 2016年 2/15 号


    楽しみですね♪( *´艸`)






    タグ:Vamps 雑誌
    posted by miumiu☆彡 at 17:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | †VAMPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    ラルク、電気、アジカンら8組☆銀座ソニービルで発売前ライヴ映像を大画面&ハイレゾで体感☆2/16-3/6


    2月16日〜3月6日に東京・ソニービルにて
    「Hi-Res ROCK FES 2016 Powered by Ki/oon Music in GINZA」
    と題されたイベントが行われる。

    会場では、KANA-BOON、チャットモンチー、ユニコーン、POLYSICS、NICO Touches the Walls、ASIAN KUNG-FU GENERATION、電気グルーヴ、L'Arc-en-CielというKi/oon Music所属のアーティストたち計8組。全15曲のライブ映像の上映やハイレゾ音源の試聴などを実施する。

    発売前のライヴ映像を中心としたプログラムを、一足先に楽しめる本イベント。
    ハイレゾ音源だからこそ感じることのできる熱気溢れるバンドサウンドや
    ヴォーカルの繊細な息づかいは、ライヴ会場にいるかのような臨場感を生み出す。

    なお、再生にはソニーのスピーカーの最上位機種である
    リファレンスモデル“R”シリーズ「SS-AR1」2 台と、
    高品位な音楽再生を目指した“ES”シリーズのステレオアンプ「TA-A1ES」を使用している。

    極上ハイレゾサウンドと
    200インチスクリーンで8組のアーティストのライヴ映像を楽しむイベント
    『Hi-Res ROCK FES 2016 Powered by Ki/oon Music in GINZA』
    東京・銀座ソニービルで開催される。
    期間は2016年2月16日(火)から3月6日(日)まで

    8階にあるOPUSでは、
    200インチの大型スクリーンにて
    各アーティストのライブ映像をハイレゾ音源とともに上映。

    また4階のソニーショールームでは、
    OPUSにて上映されている楽曲などを含む全18曲を
    ソニーのハイレゾ対応ウォークマンやハイレゾ対応機器にて楽しむことができる。


    Hi-Res ROCK FES 2016 Powered by Ki/oon Music in GINZA
    開催期間:2/16(火)〜3/6(日)
    開催時間:11:00〜19:00 ※入場無料
    開催場所:東京都 ソニービル
    8F「コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)」
    4F「ソニーショールーム」


    OPUS 上映内容
    L'Arc-en-Ciel「Wings Flap」(「L'Arc-en-Ciel LIVE 2015 L'ArCASINO」より)
    ソニーショールーム試聴可能楽曲

    ・KANA-BOON「フルドライブ」「シルエット」(「KANA-BOON MOVIE 03 / KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015 〜夢のアリーナ編〜 at 日本武道館」より)
    ・チャットモンチー「風吹けば恋」「シャングリラ」(「チャットモンチーのすごい10周年 in 日本武道館!!!!」より)
    ・ユニコーン「TAIRYO」「Feel So Moon」(「MOVIE 30 EBI50祭“海老乃大漁祭”」より)
    ・POLYSICS「Let's ダバダバ」「Buggie Technica」(「ウルトラチャレンジ OR DIE!!! 〜燃えろ!クアトロ地獄!2日で100曲カブリ無し!!!〜」より)
    ・NICO Touches the Walls「ニワカ雨ニモ負ケズ」「ホログラム」(「NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2016“渦と渦〜東の渦〜”」より)
    ・ASIAN KUNG-FU GENERATION「Easter / 復活祭」「リライト」(「Tour 2015『Wonder Future』」より)
    ・電気グルーヴ「無能の人」「Baby's on Fire」(「電気グルーヴ25周年記念ツアー“塗糞祭”」より)

    L'Arc-en-Ciel「Wings Flap」「HONEY」
    ・KANA-BOON「フルドライブ」「シルエット」
    ・チャットモンチー「風吹けば恋」「シャングリラ」「真夜中遊園地」「毒の花」
    ・ユニコーン「TAIRYO」「Feel So Moon」
    ・POLYSICS「Let's ダバダバ」「Buggie Technica」
    ・NICO Touches the Walls「ニワカ雨ニモ負ケズ」「ホログラム」
    ・ASIAN KUNG-FU GENERATION「Easter / 復活祭」「リライト」
    ・電気グルーヴ「無能の人」「Baby's on Fire」
    特設サイトはここから



    【mora等にて、ハイレゾ音源配信中!】
    「L’Arc〜en〜Ciel LIVE 2015 L’ArCASINO」 ライヴ音源
    @Driver’s High
    AMY HEART DRAWS A DREAM
    BX X X
    CWings Flap
    DHONEY
    EREADY STEADY GO

    「Wings Flap」スタジオレコーディング音源
    @Wings Flap
    AHONEY -L’Acoustic version-
    BWings Flap (hydeless version)
    CHONEY -L’Acoustic version- (hydeless version)

    mora http://mora.jp/artist/331/h
    VICTOR STUDIO HD-Music.  http://hd-music.info/artist.cgi/729







    posted by miumiu☆彡 at 15:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | †L'Arc〜en〜Ciel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    2016年02月02日

    ちー くれ!٩(*∂∀6)۶笑










    タグ:HYDE Vamps
    posted by miumiu☆彡 at 11:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | †HYDE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    2016年02月01日

    VAMPS史上初、ニコ生と全国5都市の街頭ビジョンでライヴ同時生中継&&ファイナル札幌で「また会えるよね」


    1/31 VAMPS JOINT 666 in 札幌
    VAMPSが1月31日にZEPP SAPPOROで
    2015年11月12日のZEPP TOKYOよりスタートさせた
    <VAMPS LIVE 2015-2016 JOINT 666>の最終公演を開催。

    “JOINT”をテーマに開催された同ツアーは、国内外のアーティストを招いた全24公演の籠城型ライヴハウスツアー(追加公演となる福岡と札幌はVAMPS単独公演)となるもの。JOINTアーティストのラインナップやステージ共演からは、活動の場を国内だけでなく世界的に積極展開し続けるVAMPSならではの高いミュージシャンシップを感じさせることとなった。

    なかでも、ヨーロッパやアジアを含む全世界254地域で配信中の最新トラック「SIN IN JUSTICE」にフィーチャリングされたApocalypticaとの共演は、2015年、共にSIXX:A.M.のサポートアクトとして全米を廻ったほか、ApocalypticaのイギリスツアーにスペシャルゲストとしてVAMPSが参加するなど、“ロックな時間”を共有するバンド同士のグルーヴが感じられ、まさに“JOINT”の醍醐味がうかがい知れるものとなっていた。

    そして迎えた千秋楽。1曲目は、「MIDNIGHT CELEBRATION」という攻撃的な幕開けだ。BLOODSUCKERSを立ち上がりから狂喜乱舞させたステージは、ラストナンバーの「SEX BLOOD ROCK N’ ROLL」まで、その熱量を高め続ける。アンコールの「LOVE ADDICT」ではギタリストのYUKI (DUSTAR-3, Rayflower)が飛び入り参加するなど、嬉しいサプライズもあった。

    また、HYDEは最終日の前々日が誕生日ということもあって、会場のBLOODSUCKERSから「おめでとー!」という祝福が飛ぶ。「やばいよ、今日。終わっちゃうじゃん。全部出さないと。はっちゃけるよ。今夜は。みんなもうエンジンかかってるじゃん。このまま行くのが怖いね。いっぱい楽しませてもらうぜ。楽しもうぜ、札幌!」とHYDEがコメント。ツアー<JOINT 666>を振り返ってこう語った。

    「今回、対バンツアーだったけど、案外面白かった。勉強になるし、良いもんだなと。福岡、札幌はワンマンになったから、少し寂しいね。また次はどう言った形でくるかわからないけど、また会えるよね」──HYDE

    「11月から始まったツアーも終わりを迎えたね。今回のツアー、本数の割に長く感じました。間に色々あったし。これからもVAMPSの活動を見てもらって誇れるバンドになりたいです。みんなありがとう」──K.A.Z


    結成以来、ノンストップで全世界を走り続けるVAMPS、2016年はどんな展開が繰り広げられるのか。期待は高まるばかりだ。


    VAMPS史上初、ニコ生と全国5都市の街頭ビジョンでライヴ同時生中継

    番組では、放送最終日である1月30日に実施されたライヴ『VAMPS LIVE 2015-2016 JOINT 666』Zepp Sapporoの独占生中継を実施。約3万人超の視聴者を集めた。

    今回、本ライヴはVAMPS史上初の取り組みとして、公演の冒頭約30分を東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の5都市に設置されている街頭ビジョンにて同時生中継を実施。全国的な寒空の下で街頭ビジョン前には多くのファンが集結し生中継を楽しんだ。

    現場ではSNSなどでも喜びのコメントで大いに盛り上がり、ニコ生コメントも中継が始まると間もなく、「鳥肌がああああああ」、「きやああああああああああ」や、VAMPSファン特有の「VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV」など、大興奮のコメントが溢れ返った。

    またライヴ生中継の他に、1月29日までの放送では過去のVAMPSライヴ映像を放送し、すべての番組でおよそ累計20万人以上の視聴者を楽しませた。

    本番組はタイムシフト視聴が可能で
    2月27日(土)の21時より
    アンコール放送も予定している

    http://live.nicovideo.jp/watch/lv249556712




    いつも遊びに来て下さって有難うございます☆321057.gif
    来て良かったと思われましたらお願いします(^^ゞ

    にほんブログ村 音楽ブログへ
    タグ:Vamps live
    posted by miumiu☆彡 at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | †ラルク☆セトリ・LIVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


    ▼闇に光をあてるTweet☆
    昨日の人気記事