最近の人気記事
    2014年09月22日

    VAMPS ☆ 国際へ行く。.+:。(∂∀6)゚.+:


    VAMPS:ワイルド、表現力のデュオは、国際行く

    ロック・デュオVAMPSは正常に2つの要素を兼ね備えています。ユニットはちょうど(ユニバーサル)「アウェイ/ジョリーロジャーの取得"、彼らの新しいダブルA面シングルがリリースしました。を記念するために、ボーカルのHYDEとKAZギタリストは自分たちの音楽、自分のスタイルと、彼らは積極的な海外でのキャンペーンを進めている理由について、読売新聞に話を聞いた。

    HYDEが歌詞を加えて、KAZが作曲した「ゲット・アウェイ」。トラックを流れる支配的な感触は感情の爆発である。しかし、それはまた返すことはありませんオープニングフレーズで精巧に設計された構造を有している。

    「私は場所ではほとんど変化させることによって異なる風景を表現してみました、「KAZは彼の構造的な意図について語った。

    HYDEは気息声で、乱暴にして痛いほど歌を歌っている。音楽は歌詞のために彼にインスピレーションを与えた主人公は、彼女の結婚式で花嫁を盗み、すぐに彼女と一緒に実行されることになる映画「卒業」、の彼を思い出させた。

    その歌詞からラインが - 「単なる宝物のように盗む " - シングルのもう一方のトラックにリンクされて、両方の音楽と歌詞書いたHYDEものの「ジョリーロジャー」、「ロジャーは、「それは偶然の一致だったと言います。この曲はジョリーロジャーの旗の下に集まって人々のイメージを連想させる、そして風と高速な航行の楽しい雰囲気を伝える。HYDE、激しく歌い、それを前方に駆動する。

    2008年には、VAMPSはラルク・アン・シエルとオブリビオンダストのKAZのHYDEによって形成された。彼らはそれを英語で歌詞を書くことにして、海外公演のかなりの数を与えている。昨年、彼らは彼らの最初のアルバムをリリース。

    HYDE、それは恥だと思っている真剣に英語の彼らの命令を向上させ、他の努力を行うことで、海外に進出するよ​​うに努め、多くの才能ある日本のミュージシャンは存在しない。

    KAZは言った: "私は長い間、西洋音楽を聴いてきた、と私は多くの人が音楽を単に私たちの仕事を聞きたい。私は日本に自分自身を制限するつもりはありません。 "

    彼らは他の国の観客が、場所との相違点の多くで、独自の方法で、より自由にコンサートを楽しむことを発見した。ドイツでは、電子音楽の分野で先進国では、人は恥ずかしがり屋ですが、両者はファンが熱心に音楽をそこに聞いていた印象が残った。チリでのコンサートでは、武装した車両が、それらがステージに来るのを待つことができなかったファンが暴動を防ぐために持って来られた、彼らは言った。

    「私は、彼らがライブで好きなように人が振る舞うべき言って、「HYDEが言った。「しかし、今私はそれは、日本人が彼らの仲間と同じことをやりたいことは興味深いことだと思うし始めている。 "

    VAMPSのもう一つの魅力は、彼らの陽気な精​​神です。吸血鬼をテーマにした一連のコンサートを同じ会場で - その好​​例は彼らが「ロホ、ツアー(城でアップホール化)」である。これらのコンサート中に、HYDEは「原ヘッタを「(私がすいた)叫ぶとファンから血を渇きふり。彼らのハロウィンライブショーは、同様に定期的なイベントとなっています。

    私はVAMPSを始めた前に」、私はあまり遊んでいませんでした。それはバンドに関係することはより困難ですが、私たちのような小さな単位で、私のフットワークが軽くなると私は多くのことを行う、多くの新しいアイデアを思い付くことができます」とHYDEが言った。

    だから、それらのどれが、通常は最初のユニークなアイデアを提供することです?

    "まあ、それはおそらく私です、「HYDEが言った。「私は宣伝のボスだし、彼は生産の上司だ」と彼はKAZ スピーチを指して、追加された

    読売新聞ニュースより

    英文記事を、googleに翻訳してもらってものをそのままコピーです(^^ゞテヘヘ

    HYDEさんが「VAMPSを始める前に、あまり遊んで(演奏して)いませんでした。バンドに関係することはより難しい。しかし、私たちのような小さな単位で、私のフットワークはより軽くなると、私は多くのことを行える。多くの新しいアイデアを考え出すことができる。」とHYDEさんが言っています。

    HYDE様は日本では、地位も技術も名誉もトップクラスですよね。でもそれなのに、海外では新人になってしまうにもかかわらず挑んで行く精神力。夢を叶えるべく進んでいく精神。まだまだ多くの新しいアイデアを考え出して行おうとする精神力。凄いと思います!!そしてカッコイー!!そんな『BLOODSUCKERS』アルバムや単曲たちに惚れまくるに決まってるやん!!そしてすべてに意味がある☆(∂ωб*)なのに陽気☆(*'ω'*)見習うべき要素盛りだくさんです☆

    HYDE様のパワーは素晴らしいです♪(人´∀`).☆.。.:*・゚私もHYDE様を見習って新しいもの、信じたものに挑んでいきたいです☆そしてHYDE様に逢いたい…☆



    K.A.Zくんもカッコー♪(人´∀`).☆.。.:*・゚









    遊びに来て下さって有難うございます^^
    来て良かったと思われましたらお願いします(^^ゞ

    にほんブログ村 音楽ブログへ


    タグ:HYDE Vamps
    posted by miumiu☆彡 at 20:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | †HYDE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:


    この記事へのトラックバック


    ▼闇に光をあてるTweet☆
    昨日の人気記事