最近の人気記事
    2015年02月09日

    世界の音楽市場は3大市場とその他の小さい市場に分類できる。日本は世界第2位

    面白いと思う人には面白いし、
    そんな話しかと思う人にはそんな話しです(^^ゞ
    私は興味深かったので、記録に残しておきますね(*'ω'*)



    世界の音楽市場は3大市場とその他の小さい市場に分類できる。
    音楽市場の規模は世界全体でおよそ1兆5000億円。
    米国で5000億円、
    欧州全体で5500億円、
    そして日本が3000億円。
    残りの1500億円を世界の多くの国で分け合っている。
    国単体で考えれば、日本は米国に次ぐ世界第2位の市場である。

    しかし、世界の中で日本だけが、音楽市場が急激に縮小している。
    12年の国内市場規模は3600億円だったが、
    13年には3000億円。この縮小傾向には歯止めがかけられない状況だ。

    近年、多くの企業で「事業承継」が問題になっている。
    松田聖子さんを創業者だと考えれば、創業者の事業ドメインはアイドル事業。
    神田沙也加さんは事業ドメインをミュージカル、舞台、声優事業へと幅を広げている。

    ある意味、創業者のつくり上げた事業ドメインをテコに
    第2創業を行っているようなものだが、実はこうした事例は少なくない。

    将来どんどん縮小する市場にとどまり続けるより、
    成長市場を目指す方向性は間違っていない。
    神田さんはミュージカルにも事業領域を拡大している。
    米国のミュージカル市場は世界一の市場規模で、
    もちろん競争は厳しいが、事業領域の拡大方向としては正しいと言える。
    神田沙也加さんは事業ドメインをシフトさせることで、うまく成功を収めたといえる。
    引用先はココ

    市場のニーズをとらえて
    成長市場にシフトチェンジしていくのって大事な事だなと思いました^^
    あと、日本と言う小さな市場だけではなく
    海外にも目を向けて広げていく事も大事な事だと思いました^^
    HYDEさんの息子さんは
    どんなふうに育っていくのかな〜なんて想像してしまいました(^^ゞ










    posted by miumiu☆彡 at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    この記事へのトラックバック


    ▼闇に光をあてるTweet☆
    昨日の人気記事