最近の人気記事
    2015年03月28日

    Music Review VAMPS CD: Bloodsuckers-追記アリ


    ※Google翻訳昨日より

    本当にああ私は日本の音楽を愛しない...とビデオゲーム...と漫画...と女性...と文化のすべて。私はこれを送信されますときに私の興奮を想像してみてください。私は実際に前にvbnavラジオのために働くの日の間に、このバンドに遭遇しました。私の友人と私は、日本のバンド特別をしていたし、バッファローの歌は、友人がプレイする私に尋ねた曲の一つであり、それはかなり良かった。彼がこれを読み込むときに彼の反応を見るために待つことができません。私たちが話題にしているが、他の友人は、私がランダムにここにバンドファルコムJDKを言及していない場合には、私を殺す理由があるためでしょう。

    私は他よりも多くを楽しんだことを特に何の曲はありません。私はここで任意の曲を聴くことは誰もがこのバンドとアルバムについてあることを行っているものに洞察力を与えるだろうと思っています。私はまた、このアルバムは全体が耳を傾けされる必要があると思います。

    私はこのアルバムで一番好きなものはオープニングトラックで始まる、それはシンプルだが素晴らしいオープニングです。アルバム全体は、すべて一緒に融合した、多くのモダンなダークシンセ・ロックのアイデアで構成されています。アルバムについての最もよい事は、ペーシングです。コー​​ド進行、リフや拍子は、単に停止しないでください。すべてのアルバムを通じて、建物と建物を維持し、あなたはそれが構築しているのだろうか。それを通して半分の方法は、ボール状大きな岩でビルドを停止し、それはすべての上に再びビルドを起動します。歌詞のほとんどは、クールであるだけでなく、いくつかの日本のもの英語で行われますがあります。また、アートワークは、このようなバンドから期待するものからアートワークの素晴らしい作品です。

    私は本当に私はこのアルバムについては好きではない何も考えることはできません。私はすぐに夢中にされていないことを受け入れる。私の意見では、私はそれはあなたが完全に享受するために複数回それを聞くことがあり、それを感謝し、これらのアルバムの一つだと思います。だけでなく、私が意図であると信じている最初から最後まですべての曲を聴いて。

    同時に面白いと悲劇的でもある何かを知りたい。あなたがこのバンドについての事前の十代の若者たちに伝えるときに彼らの最も可能性の高いあなたは安っぽいポップボーイバンド「バッファロー」を意味すると思うだろうあなたがそれらにこれを再生すると、そこおそらくそれを撃墜するつもり。これは彼らが、これが作成されての本当の音楽であるために聞いてされるべきであるバンドであるため、それは本当の恥だ。彼らの損失まあ。私としては、私は日本のすべてのもののビオスファンですしないので、2015年の私の最初の完全な評価を与えるために満足しているが、それはそれに値するので。あなた自身は好意それが出て来るとき...これを購入し、多分、それらを教育するために子供たちにそれを再生するようにしてください。

    そのままコピーしちゃいました(^^;ゞ
    途中で「すぐには夢中になれなかった」と言われた時、
    え!?Σ(゚Д゚)と思ったけど、正直に感想を述べられる方だなと^^
    私はすぐに夢中になりました(*´з`)笑

    でも、歌詞の事を言われてるのかな…?
    ヴァンパイアなので、おどろおどろしい歌詞も有りますしね^^

    ん〜〜、本当、海外の人達にも気に入って貰えたらいいな^^
    細かいところまで緻密にHYDEさんたちの
    感性が入った曲たちばっかりだから。。
    全ての曲達が!!☆〜(ゝ。∂)



    有難うございます(^^ゞ
    和訳できる人が羨ましい…汗
    翻訳機能とはちょっと違いますねぇ^^;
    そんな意味だったんだ♪♪
    インタビューで、そんな否定っぽい事言うのかな…
    なんて疑問だったけど、安心しました( *´艸`)
    翻訳機能は、良くわかりませんね〜〜笑








    タグ:雑誌 HYDE Vamps
    posted by miumiu☆彡 at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | †TV・ラジオ・雑誌 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    この記事へのトラックバック


    ▼闇に光をあてるTweet☆
    昨日の人気記事