最近の人気記事
    2015年05月05日

    JrockRevolution☆ VAMPS in NYC 2015 レポート


    VAMPSは、5月1日金曜日にニューヨーク市で
    非常に予想されたヘッドライニング・ショーで
    Sixx:A.M.のために開いているアメリカで、
    ショーの彼らの進行を仕上げました。

    彼らが2014年10月に最新のアルバム「Bloodsuckers」を解き放した時から、
    VAMPSがアメリカに戻っているのはこれが初めてです。
    そして、それは2015年3月にも国際的にリリースされました。
    バンドは、アルバムの全部を失望させないで、ほとんどしました!


    夕方は、VAMPSのスタイルと音楽的に互換性を持った
    2つの始めのバンドとともに始めました。
    そこ間でVAMPSのために、
    群衆は2つのオープナーに入って、
    ずっとつまりました。
    そして、手を上げて、拳をポンプでくみました。

    金曜日の夜の午後10時に、
    VAMPSに、ニューヨーク市への
    VAMPSの帰還のために
    2013年以降待っていたファンの甲高い音と
    歓呼に合わせて段階がようやくかかりました。

    バンドがステージに入ったので、
    イントロ歌「輪廻」は遊びました。
    一度すべてステージで、彼らは、
    精力的な歌界の終わり
    (日本語で詠唱されるとき「先の」として
    知られている歌の英語版も)を始めました。
    観衆は、すぐにそれにいました。

    そして、微笑んで、合わせて歌う。
    バンドは、段階を回って、
    急上昇しているエネルギーを得る際に、
    時間を浪費しませんでした!

    ハイドは高くしたプラットホームで跳び上がりました。
    そして、活動家が遊び始めるとすぐに、
    それを彼、K.A.ZとJu-ケンは彼らのマイクの前で持っていました。

    Sixx:A.M.で周遊中の間、
    このMotleyクリュeカバーは観衆お気に入りでした
    Sixx:A.M.とファンは、
    VAMPSが彼ら自身のヘッドライニング・ショーでも
    それをするのを聞いてうれしかったです!

    これは、あらゆる人が歌っていて、
    外に揺れていた歌です。
    活気を構築するために始めに、
    遊ぶことはすばらしい歌でした。

    歌が終わったので、ハイドは観衆に言いました。
    「ニューヨークでありがとうあります!
    我々は帰って満足です!
    私は再びあなたに会うためにとても興奮しています!
    あなたは興奮していますか?」
    そして、観衆反応のために待たれます。
    「さあニューヨーク市、あなたは活発な?!です」はい、彼らはそうでした。

    K.A.ZとJu-ケンは側を変えます。
    そして、両側の上のファンに遊び
    彼らの異なる方の経験を与えます。
    彼ら各々はできるだけ遠くにステージの端へ移ります。

    そして、彼らが連絡をとることができた
    すべての人に遊ぶことは確実です。
    そして、それは会場の遠い端で人々を喜ばせました。
    それから、彼らは再び中央で会って、
    属したところに戻る前に短い時間のために
    互いに向き合って遊びます。

    ハイドはいろいろな歌のために夜を通して
    時々ギターも演奏します、時々、
    会議K.A.Zと彼らは互いに向き合って直接遊びます。

    ハイドのマイクは、VAMPS旗を彼が
    手と前へいくらか中で戻るお尻(つまりサイン・ハイドの動き)を
    動かすこと際に、肩越しにマイク柱を持って、
    その限界にマイク自体で使ったそれに結んでおきました。
    旗は前後にはためきます。
    そして、素晴らしいタッチを美的なステージに加えます。

    夕方の中ほどで、
    アボリジンは単独で美しいピアノを持っていました。
    それは魅惑的でした、そして、観衆は良さの話を聞きました。
    そして、音をたてませんでした。
    スポットライトはアボリジンを照らして、
    歌は『吸血鬼の愛』(歌の遅い、美しいメロディー)に変わりました。

    明りはこのバラードのために低くしておかれました。
    そして、完全にムードを発散させました。
    それから抑えられるスポットライトは、
    動いて、ステージの中央にハイドの上に大部分はとどまりました。
    カズはギターを演奏している間、
    彼が床に乗って、跪くまで、
    彼のプラットホームに座ることから始めました。
    そして、彼のギターの上に曲げられました。
    それは、彼の仕事と音楽と恋をして音楽家のイメージでした。

    ステージの後ろで無視されないために、
    アリマツは2、3の曲後に、
    単独できたない鼓膜がありました。
    スポットライトが彼を照らしていたので、
    彼は離れてドラムスを連打しました、
    そして、他のメンバーは影で消えて行きました。

    そして、アリマツにドラムスでぱっとさせました。
    彼は、多くの歓呼を絶対的なドラム演奏技術で受けました!
    ゆっくりと他のメンバーが後ろにステージに現れたので、
    我々は愛大好き人間と一緒に行く
    普通のギターとベースラインを聞きました。
    それらの始めのコードは何としてでも紛れもないが、
    中毒者を愛しています、そして、
    アリマツ、Ju-ケンとK.A.Zはそれをして、
    観衆をからかって楽しみました。

    愛大好き人間はサインVAMPS歌です、
    そして、彼らはプラットホーム舞台わきの特別席を離れて
    彼の体と跳ぶ高さのまわりで彼のギターを回しているK.A.Zを含む
    それのためにすべてのトリックを引き抜きました。
    エネルギーは、屋根を通してありました!

    彼らが急に最近のアルバムのタイトル歌をし始める前に、
    「あなたが、すべてです?あなたが、すべてです?ヒル?!」
    ハイドは再び観衆に尋ねました。

    それに続くことは、
    真夜中祝賀によるハイドの単独の経歴の遺物でした。
    それが強いリズムであることは、常に、
    ライブを聞くすばらしい歌です。
    観衆がそのロックンロールのより
    多くが丈夫なことを望んだちょうどその時、
    彼らはステージを去りました。

    最後のギター・メモが次第に消えて行ったので、
    明りは低くなりました、しかし、
    観衆は「アンコールに応じてください!」の
    日本のバージョンの後に誰でもVAMPSが遊ぶために
    返すことを望んだ歌の始まりを組織化された
    歌うことがこんなに速く続くとすぐに繰り返しました:革命。

    「爆発音。の上で。
    誰でも踏みつけてください!」と、
    観衆は一斉に繰り返しました。

    VAMPSがステージに戻って、
    彼らの要請に同意するまで、
    彼らは聖歌を続けました!
    「爆発音(進行中の)は、誰でも踏みつけます!」と、
    彼がそうすることができる限り彼が水筒を放り投げる前に
    群衆の上で水を吐き出すように言ったように、
    ハイドは笑いながら言っていました歌って、
    バンドはまだ観衆と音楽を演奏し始めました。

    革命が始まったので、
    「revolutionnnnn.爆発音(進行中の)の上へ上り坂は、
    誰でも踏みつけます!」と叫んでいる間、
    ハイドは彼の肩のまわりでもう一度
    海賊旗VAMPS旗を振りました彼が外へ数えたので、
    もう一度彼のお尻をビート方向に傾けます、
    彼の足を進ませることでタイミングにおいて
    「左の権利は、正しいステップ1ステップ2を去りました」。

    VAMPSは、1時間半以上でセットされる
    全体的な印象的な17曲の歌を歌いました。
    彼らが楽しんだかどうか尋ねて、
    ハイドは観衆にもう一度感謝しました、
    そして、VAMPSを言うことは帰ります。
    ハイドが先年にこれを言った、
    そして、VAMPSが複数回帰ったので、
    それはヒルがアメリカに返す安全な賭けのようです。

    彼らは、吸血鬼だけがどのようにかわかっている方法で、
    夜を外へ終えました – セックス血ロックNで』は転がります!

    観衆はこの唯一の最後の歌のために
    正気でないようになりました。
    そして、headbangingして、躍りながら進みました。
    そして、空中の武器がVAMPSに彼らの最後に
    少しのエネルギーを与えました。

    1つの最後の時ステージを去る前に、
    メンバーはギターと低音選択と
    スティックを放り投げました。
    ハイドはドラムスに近くて、
    茎の花びらをむしり取ったバラをつかみました。
    そして、観衆に彼らを放り投げました。

    Setlist:
    Intro – Reincarnation
    イントロ – 輪廻
    1. World’s End
    1. 世界の終わり
    2. Lips
    2. 唇
    3. Live Wire
    3. 電気の通じた電線
    4. Replay
    4. リプレイ
    5. Get Away
    5. 逃げてください
    6. Damned
    6. 非難されます
    7. Evil
    7. 悪
    8. Vampire’s Love
    8. 吸血鬼の愛
    9. Zero
    9. ゼロ
    10. Angel Trip
    10. 天使旅行
    11. Love Addict
    11. 愛大好き人間
    12. Blodsuckers
    12. Blodsuckers
    13. Midnight Celebration
    13. 真夜中祝賀
    Encore:
    14. Revolution II
    14. 革命II
    15. Memories
    15. 記憶
    16. Devil Side
    16. 悪魔側
    17. Sex Blood Rock N’ Roll
    17. セックス血ロックN』は転がります

    今日は、yahoo翻訳機能です(^^ゞ
    相変わらずのカタコト日本語ですが笑
    会場がとても盛り上がった事は
    伝わってきます♪(人´∀`).☆.。.:*・゚
    有難うございます☆<(_ _)>
    誉められると、嬉しいですよね(*'ω'*)



    あ!和訳有難うございます\(^o^)/





    今日も遊びに来て下さって有難うございます☆
    来て良かったと思われましたらお願いします(^^ゞ

    にほんブログ村 音楽ブログへ
    タグ:Vamps 海外 live
    posted by miumiu☆彡 at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | †VAMPS☆セトリ・LIVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    この記事へのトラックバック


    ▼闇に光をあてるTweet☆
    昨日の人気記事