最近の人気記事
    2015年05月16日

    続々・VAMPS オハイオ ロックフェス☆


    VAMPS LIVE in ROCK ON THE RANGE 5/15

    Neil interviewing Vamps.....Asian hotties!!

    Posted by Missie Tong on 2015年5月15日


    facebookで翻訳すると…
    「ニール Vamps のインタビュー.アジアの湯たんぽ !」
    アジアの湯たんぽてwww
    可笑しくて爆笑してしまいました٩(๑>∀<๑)۶







    アポカリプティカさんも
    スリップノットさんも
    まだ会った事もない人なのに

    何だか親しみを感じて
    こちらまでちょっと知り合いのような
    そんな気持ちになってしまいます( *´艸`)



    Mayhem Music Magazine sits down with Japanese rockers VAMPS Universal International / Delicious Deli Records to discuss...

    Posted by Mayhem Music Magazine on 2015年5月14日


    騒乱音楽雑誌は、アメリカで現代ヴィンテージツアーの一部として遊ぶことを議論するために、日本の揺り子VAMPSで座る

    騒乱音楽雑誌:これははじめてVAMPSではない サンフランシスコで遊んだ 。それは、どのように、この時沿岸への米国沿岸を旅行するために、ここでの戻りであるように感じるか?


    ハイド:私達は、私が、どのようにそれが
    そうなろうとしているかを想像することさえ
    できないようにこれで大きい米国のツアーを一度もしたことがない。

    騒乱音楽雑誌:即席伴奏は、米国市場を征服することについてどれほど重要であるか それ の海外で非常に成功していたか?

    ハイド:成長し、私が聞いた音楽がアメリカからであったので、
    この市場で私が成功していることが重要である。

    騒乱音楽雑誌:あなたたちの両方は、音楽を作る時に、他のバンド(L'円弧En-空色&忘却塵)を持ち、どのようにVAMPSのためにあなたの歌書き込みプロセス変化をするか?

    ハイド:L'円弧En-空色劇すべての種類の音楽
    けれどもVAMPSがロック音楽に特に向いているので、
    れは2つのバンドの最も大きい違いである。
    私達が音楽を作成する時には、私達は、
    最初、歌がVAMPSをはめ込むかどうかを考える。
    いったんそれがされたら、時々、私達は、たぶん、
    代わりに、L’円弧En-空色のためにこれが蓄えられるべきであると思う。それは起こる。

    騒乱音楽雑誌:バンドは、何で、現在あなたに音楽的にインスピレーションを与えるあなた&に影響したか(それの両方)?

    ハイド:モトリークルーとRatt。
    あなたは…LA金属を知っている。

    Kaz:殺害冗談とW.A.S.P.

    騒乱音楽雑誌:どのようにSixxによってこのツアーをしたか:AMは発生するか?

    ハイド:私は、モトリークルーの大きいファンも、
    私達がSixxを招待した去年の2月に、そうである
    Vamparkフェスティバルと呼ばれる私達のショーをする日本への午前。
    それは全体の物の最初であった。
    そう、助けられたSixxを即席伴奏をする
    日本の市場とSixxでの午前の促進:午前が、
    米国市場のVAMPSを促進するのに役立っている。

    騒乱音楽雑誌:私達は今夜即席伴奏ライブ番組から何を予期できるか?

    ハイド:私達は、私達のライブ・パフォーマンスについて
    非常に自信があると感じているけれども、これが、
    違う市場であるので、米国聴衆が与えようとしている反応を問わず私達は確信しない。
    群衆はSixxである:午前のファンと私達は、
    どのようにそれらがVAMPSに反応するかを確信しない。

    騒乱音楽雑誌:あなたは、englishボーカルによって両方の『性、血、ロックンロール』&『吸血動物』をリリースした。これはあなたの日本のファンベース&をもたらしたか これである 方向 すべてのあなたのアルバム 未来 ?

    ハイド:そこの日本で『吸血動物』アルバムがリリースされた時は、
    それの日本の歌であった。英語の歌詞は国際的な版にある。
    日本のファンは、バンドが日本語で歌うことを期待し、
    それらが歌詞をよりうまく理解できるので、彼らはそれが好きである。

    騒乱音楽雑誌:あなたは何でアメリカにVAMPSを知っていてほしいか?

    ハイド:私達はアメリカの音楽のため影響されるけれども、
    私達は、違う何かを提供する。私達があなたの規則的な
    アメリカロック・バンドに似ていないので、
    私達は、アメリカの聴衆が新しい何かを受け入れることを望んでいる。
    ※excite翻訳より





    タグ:海外 live Vamps
    posted by miumiu☆彡 at 12:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | †VAMPS☆セトリ・LIVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    この記事へのトラックバック


    ▼闇に光をあてるTweet☆
    昨日の人気記事