最近の人気記事
    2015年06月22日

    VAMPSのライヴハウスツアー最終公演がDVD&Blu-rayに!2人にインタビュー


    EMTG:今回の籠城型のライヴハウスツアー「VAMPS LIVE 2014-2015」のセットやライティングのコンセプトは?

    HYDE:ちょっとクラブっぽい、ディスコっぽい、
    そういう雰囲気にしたかったんですよね。
    レニー・クラビッツの「Are You Gonna Go My Way」
    (邦題:自由への疾走)のMV、なんとなくそのイメージ。
    あの雰囲気をステージで表現したら、どうなるかみたいな感じだった。
    そしたら思いの外ばっちりだったというか。
    後ろの壁を金色の箔にしてるんですね。
    “こんなの映像を投影しても映らんかな”とか思ったんだけど、
    意外と映像の映りが良くて。
    照明と映像と電飾のリンクがすごかったんだよね。
    ここは、嬉しい誤算(笑)。
    その箔の映りが良かったから、
    その中にスピーカーやロゴを映すこともできて、
    すごく効果的だった。全部がいい方向に転がった感じですね。

    EMTG:承知しております。ライヴハウスのライヴ映像でしか残せないものって何でしょうか? アリーナやスタジアムのライヴ映像では、絶対に無いものというか。

    HYDE:密室感。地下室的なもの。

    EMTG:アンダーグラウンドな雰囲気……でしょうか?

    HYDE:そうそう。たぶん、中学生ぐらいで、ライヴに来たこと無い子が来たら、
    かなりいかがわしい感じがすると思うんですよ。
    ファンのお姉さんが、なんとなく怖かったりとか(笑)。
    実際はそうじゃないんだけど、雰囲気でね、怖いっていう(笑)。
    ここがライヴハウスのいいとこだと思うんですよね。
    大人の階段を上って……みたいに、
    行ったらダメな部屋の扉を開ける感じ。
    そこが重要だと思うんです、ライヴハウスって。
    だから、そういう雰囲気をなくしたくないですね。
    僕、MCで“理性はいらない”とかよく言うんですけど、
    その状態って、ライヴハウスに似合うと思うんですよ。
    アンダーグラウンドな、ちょっと黒ミサ的な雰囲気。
    その場所にいることによって、自分が覚醒していくっていうか。
    覚醒させたいとも思いますしね。

    K.A.Z:やっぱりライヴハウスは温度感が圧倒的に違うよね。
    いちばん後ろまで、熱が伝わる空間だと思う。
    そういう意味では、ライヴの本当のカッコ良さが
    伝わりやすいんじゃないかな、と。
    密室ってまさにそうで“ここで何が行われてるんだろう”っていう感じがある。
    (中略)


    EMTG:本年も夏の野外イベント「BEAST PARTY」が決まりました。会場は千葉・幕張。

    HYDE:毎年やってるイベントなんですけど、
    毎回、会場に来るまでが、結構大変な場所だったんですよね。
    今回は交通手段に悩まないっていう。
    たまには人に優しく。幕張海浜公園内の特設ステージでやります。

    EMTG:特設敷地内に、フリーエリアが設けられたのは、今年が初めてですね。

    HYDE:それはVAMPSに興味が沸かない人でも、
    ライヴを観て欲しいという気持ちの表れですね。
    ただ、有料ゾーンとは区切ってあるので、
    同じような雰囲気は体験できるけれども、
    ステージは観にくいかもね。
    でもサービススクリーンがあるから大丈夫。

    K.A.Z:野外というところを生かして、
    日が出ている時から、徐々に暗くなって夜になっていく、
    その雰囲気は野外でしか楽しめないから。
    今回は、本当に海のそばにステージを作るから、
    これまで以上に夏を感じられると思う。
    フードエリアみたいなのもあってご飯も食べられるし、
    ホント、パーティーって言葉が似合う場所になると思うよ。

    HYDE:この夏のイベントは何回もやってて、
    楽しませるプロになってるから。
    昼からライヴが終わるまで、寂しい思いはさせないよ

    (一部抜粋)

    HYDEちゃんの、
    「この夏のイベントは何回もやってて、
    楽しませるプロになってるから。
    昼からライヴが終わるまで、寂しい思いはさせないよ」
    この言葉に、なんかうるっときちゃった(´Д⊂ヽ




    タグ:Vamps 雑誌
    posted by miumiu☆彡 at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | †VAMPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    この記事へのトラックバック


    ▼闇に光をあてるTweet☆
    昨日の人気記事