最近の人気記事
    2015年11月28日

    APOCALYPTICA × VAMPS☆((*∂∀6))ノシ

    2016年1月、<VAMPS LIVE 2015-2016 JOINT 666(ジョイントスリーシックス)>で来日が決定しているフィンランドのチェロメタルバンドApocalypticaの待ちに待ったヘルシンキ公演があったので行ってきました。Apocalypticaは以前にも紹介したことがありますが、3人のチェロ奏者、Eicca Toppinen(エイッカ・トッピネン)、Perttu Kivilaakso(ペルットゥ・キヴィラークソ)、Paavo Lötjönen(パーヴォ・ロトヨネン)とドラマーMikko Sirén(ミッコ・シレン)から成るフィンランド出身のメタルバンドです。今年春発売になった最新作『Shadowmaker』ではFranky Perez(フランキー・ペレス)がヴォーカル担当。この春はSixx:A.M.と日本のバンドVAMPSと北米ツアー、夏は夏フェス出演、秋はヨーロッパツアーでその後のフィンランド国内ツアーが待たれてました。

    ──今年の春にはSixx:A.M.と日本のVAMPSとアメリカツアー、この秋のUKツアーにもVAMPSが一緒で、VAMPSとのコラボ曲「Sin In Justice」も公開になり、さらには来年1月には名古屋でVAMPSとのジョイントライブが予定されていますが、どういう流れで一緒にやることになったのですか?

    Eicca:Sixx:A.M.とのツアーで知り合って、とてもうまくいったんだ。

    Paavo:とってもいい奴らで、一緒にいても楽しい。

    ──そのツアー前に知っていましたか?

    Eicca:いや、バンド名は知っていたし、曲も聴いたことあったように思うが、個人的に会ったことはなかった。ツアー中にマネージャーと将来何か一緒にやれたらいいなという話をして、何ができるか?って話になり、俺達をオープニングアクトに招待してくれたんだ。もっと多くのショーに誘ってくれたんだが、俺達自身のツアーも決まっていたので、この4公演だけになった。そのお返しにUKツアーに彼らを誘ったんだ。それでツアー以外にも何か一緒にやろうってことで曲でコラボすることになった。もう1曲予定はしてるんだが、お互いにライブやツアーで忙しくて。今ドラムだけはレコーディングし終わってる。

    Paavo:ライブで何か一緒にやれたらいいなと思う。

    ──UKか名古屋で実現できたらいいですね。名古屋では4公演予定されてますが、日本にはどのくらい滞在予定ですか?

    Eicca:一週間半ぐらいの予定だったと思う。10日か9日間ぐらい。名古屋での4公演の他にもうひとつ予定があるんだ。実現するんじゃないかと思う。でもまだ発表はできない。

    VAMPS関連のところだけ
    ピックアップしましたよ( *´艸`)
    「もう1曲予定はしてる…」
    って仰ってますよ( *´艸`)
    わぁ☆期待♪♪




    UKツアー☆











    タグ:live 海外 Vamps
    posted by miumiu☆彡 at 13:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | †VAMPS☆セトリ・LIVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    この記事へのトラックバック


    ▼闇に光をあてるTweet☆
    昨日の人気記事