最近の人気記事
    2016年12月01日

    VAMPS Interview in TORONTO ☆




    * * * * *


    VAMPSはHYDE(L’Arc~en~Ciel)とK.A.Z(Oblivion Dust)が2008年に結成したロックユニット。
    2016年11月6日より6度目となる北米ツアーを開始した。そして11月14日には、VAMPS初となるカナダ・トロントでの公演が老舗ライブハウスである” Lee’s Palace” で行われた。

    VAMPSは日本だけでなく海外での活動も活発であり、ファンも世界中にいる。他の都市同様、カナダ・トロントでのLIVEを心待ちにしていたファンたちが、前日から会場前に並び始めるほどファンの期待は高まっていた。

    VAMPS CanadaはLIVE直前のVAMPSのお二人に北米での活動、次のアルバムについて、インターナショナルファンクラブの可能性、そして世界中でセンセーションを起こしたハロウィーンパーティについて話を聞くことができた。

    【カナダの印象は?】

    ─この度はインタビューの機会をいただき、誠にありがとうございます。カナダの第一印象はいかがですか?

    HYDE:先ほど到着したばかりで、何も見られていないし、もう夜にはアメリカに帰っちゃうんだけど。でも来る途中にね、バスからずっと景色を見ていて、すごい素敵な湖のとこに家が建っていたりしてね、「わ、ここ住みたいな」っていう所がいっぱいあったんで、すごい素敵な所だなと。街もきれいだし。いいなと思いました。

    ―気に入っていただけて何よりです。明日(11月15日)はシカゴでのLIVEがありますから、今回は時間はありませんが、時間があればカナダで行きたい場所はありますか?

    K.A.Z:ウィスラー[1]かな。

    ―そうですね!ウィスラーはスキーやスノーボードで有名な場所なので、皆さん行くべきですよ!

    HYDE:そうだね、行きたいねぇ。

    [1] ウィスラーはカナダ、ブリティッシュ・コロンビア州のウィンタースポーツで有名なリゾート地。2010年にはバンクーバー冬季オリンピックの会場にもなった。

    【海外ファンについて】

    ―北米のVAMPSファンは確実に増えてきています。全てのファンがVAMPSの北米での成功を願っているのですが、どのようにしてもっとVAMPSを盛り上げていけるでしょうか。

    ​HYDE:今日のLIVEを観て「あんまよくなかったな」と思っても、「すごいよかった!」といろんなとこに書いてくれれば(笑)。

    ―カナダだけでなく、国際的にVAMPSファンは増えています。ただ、海外からだと、CD、DVD含めグッズの購入や、情報の入手が難しいことがあります。今後、海外ファン用のインターナショナルのファンクラブの設立はあり得ますか?

    HYDE:ぜひともね、そういう体制をつくって、こちらにもそういうファンクラブのようなものを作れたらいいなと思います。でも中々難しくてね。日本でも中々うまくいかないから。

    ―なるほど。でも、VAMPADDICT(日本でのVAMPS公式ファンクラブ)はすごく成功されていますよね。

    HYDE:やっぱり自分たちとしては、ちゃんとファンにどこまでできているかというと、まだ疑問がいっぱいあって。例えばSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)にしても。まだまだやれることはいっぱいあるのにできないので、なかなか海外まで手が伸びないですよね。

    ―もしもインターナショナルファンクラブができれば海外のファンは大喜びすると思います。

    ​HYDE:こっちでもっと人気が出てくれば、ファンクラブを設立する力もできてくるので、今後がんばりたいですね。

    【HALLOWEEN PARTYが世界中で話題に】

    ―今年のハロウィンで『スーサイド・スクワッド』のコスチュームがありましたよね。HYDEさんのHarley QuinnとK.A.ZさんのJokerは世界中で大きな話題になりました。いつもどうやってそれぞれのキャラクターを決められるのですか?

    HYDE:今までHALLOWEEN PARTYを10回もやってて、毎回3パターンくらいやるから、30近いキャラクターをやってて、実はもう何もやりたいものがないんですよ。だから、ちょうどいいタイミングで『スーサイド・スクワッド』って映画があったので、もうこれはやるしかないなって感じで、覚悟を決めてね、やりました。(**)

    ―大成功でしたね。海外でもたくさんのウェブサイトに取り上げられていましたよ。

    HYDE:いやー、本当、うちの両親には見てほしくないですね(笑)。

    【 VAMPSの音楽と次のアルバムについて】

    ―VAMPSの歌詞やメロディの中で思い入れが深いものはありますか?

    HYDE:うーん。今はね、”INSIDE OF ME”でコンサート始まったりしてるんで、あのイントロがかかるとちょっと気合いが入りますね。

    ―次のアルバムをとても楽しみにしています。どのような作品になりそうですか?

    K.A.Z:今、まさに作っている最中なんですけど、より一層ロック感が増してます。曲のレコーディングが始まって、まだ中盤いくかいかないかくらいなんだけど。でもきっといいアルバムができると思います。

    ―ロック感が増すということは、より北米の市場を視野に入れたテイストになるということでしょうか。日本のテイストはどのように取り入れる予定でしょうか。

    K.A.Z:たぶん日本人なので、日本のテイストって、知らないうちに入ってると思うんですよ。だからそこはあまり意識していなくて。逆に海外に出たときに、やっぱりアメリカはアメリカのマーケットっていう部分があると思うから、それをうまく自分たちで吸収して、落とし込んでいくのがいいんじゃないかなと思っています。

    ―とても楽しみです。海外アーティストとのコラボレーションの予定はありますか?

    K.A.Z:この間も日本ではIn This Moment″っていうバンドとやったりして、すごく面白かったし、LIVEとしても楽しいし、そういう機会があったら一緒に音楽を作っていくっていうこともやってみたいなとは思ってますね。

    ―次のアルバムでもコラボレーションをされますか?

    K.A.Z:それはまだわからないですね。でも何かおもしろい、そういう企画があったら、ちょっとやってみたいですね。

    【カナダのファンへのメッセージ】

    ―カナダのファンに向けてメッセージをいただけますか?

    K.A.Z:やっぱり初めてのカナダでのLIVEなんで、みんなに楽しんでもらって、また来たいなって思いますね。

    HYDE:そうですね、かなり会場が小さいから、すごい熱いLIVEになると思うんでね。それを楽しみにしています。

    ―VAMPSのツアーは例年過密を極めているかと思いますが、体調にはお気を付けくださいね。

    K.A.Z:よく寝るようにしてます。

    【カナダで食べたい物】

    ―時間もほとんどないかと思いますが、カナダを離れる前に食べたいものはありますか?

    HYDE & K.A.Z:うーん…

    ―プーティンなんかどうでしょう。

    HYDE:プーティン??

    ―ポテトフライにグレイヴィーソースとチーズをかけてある…高カロリーな食べ物です(笑)。

    HYDE:あー、おいしそう。

    ―あとヤムフライも人気です。ヤムという甘いポテトフライをスイートチリマヨネーズで食べるのが、ビールと合って人気なんです。

    HYDE:おいしそう。いけない食べ物だね。Dangerous(笑)。

    ―カナダの名物です(笑)。

    K.A.Z:俺はサーモン食べたいです。

    ―スモークサーモンのメープルシロップ味はお土産におすすめの名産品ですよ。

    K.A.Z:へぇー。

    ―これはVAMPS CanadaとTorontoのStreet Teamからのお土産です。これはカナダの特産品のアイスワインですよ。

    K.A.Z:へぇー。
    HYDE:アイスワイン?

    ―アイスワインは製造方法が通常のワインと異なっていて、ブドウを凍らせて作るので甘さがぐっと濃縮されているんです。

    HYDE:へぇー。

    ―これはファンのみんなでサインをしたカナダの国旗です。そしてこれはホッケーのジャージです。(会場のあるトロントを本拠地とするアイスホッケーチーム“トロント・メイプルリーフス”のジャージを渡す)

    K.A.Z:あー、アイスホッケー。Thankyou!
    HYDE:あ、なんかでかいね(笑)。
    K.A.Z:これはパジャマだね(笑)。

    ―アイスホッケーは御覧になられたことありますか?​

    HYDE:もちろん!

    ―そしてこれはニット帽です。Arly (Arimatsu )さん、Ju-kenさん、Jinさんにもぜひお渡しください。

    K.A.Z:ありがとうございます。みんな喜ぶと思います。
    (HYDEさん、ニット帽をかぶる)

    ―かわいいですね!

    HYDE:かわいい?
    HYDE:これはこっちで流行っているの?

    ―流行っているわけではないです(笑)。

    HYDE:流行ってるわけじゃないんだね(笑)。

    ―けど、この色使いがカナダですね(笑)。

    HYDE:あー、カナダの色ね。
    K.A.Z: Thank you!

    ―あと、これはムースの枕兼クッションです。

    K.A.Z:ムースなんだ(笑)。

    ―ぜひ移動バスでお使いください。本日はありがとうございました。この後のLIVEをとても楽しみにしています。

    Our escape in disguise right after the show in Toronto! #northamericantour #vamps

    VAMPS Officialさん(@vamps_insta)が投稿した動画 -


    Lee's Palace, Toronto 11/14/2016 #vamps #northamericantour

    VAMPS Officialさん(@vamps_insta)が投稿した写真 -



    カナダの首相は
    2015年11月に就任された
    44歳のイケメン首相と
    噂の方ですね( *´艸`)ムフ
    ↑ハイ、政治オタクです…笑

    なかなか読み応えのあるインタビューでしたね♪
    いつも、どのインタビューも
    読み応えはあるのですが♪٩(*∂∀6)۶
    ワクワク



    ↓シカゴだよ☆

    Bottom Lounge, Chicago 11/15/2016 #vamps #northamericantour

    VAMPS Officialさん(@vamps_insta)が投稿した写真 -



    アルバム、楽しみにしてます♪
    (人´∀`).☆.。.:*・゚







    今日もB遊びに来て下さって有難うございます<(_ _)>
    来て良かったと思われましたらお願いします308965.gif



    にほんブログ村 音楽ブログへ



    AD




    ▼闇に光をあてるTweet☆
    昨日の人気記事